ホワイトニング・口臭外来・訪問歯科診療 安田歯科は西宮市で30年愛される歯科医院です。

歯並びをよくしたい

  • HOME »
  • 歯並びをよくしたい

矯正

矯正

矯正装置もファッションのひとつです

以前の矯正装置は金属製のものが主流で、目立つことがコンプレックスと言われる時代もありましたが、今はセラミック製の目立たないものも沢山あります。
そのことに加え、矯正も特別な治療ではなくなり、逆に洋服を着替えるようにカラフルなゴムなどを、アクセサリー感覚で選ばれる方が多くなってきています。

◎不正咬合について

1、不正咬合の種類

□ 叢生(そうせい)

叢生とは、八重歯や乱ぐい歯のようなでこぼこの歯並びの
ことを言います。
主に歯に対して顎が小さすぎることが原因とされています。

叢生

□ 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上顎が下顎よりも前に出すぎている
状態の歯並びのことを言います。
上顎が大きい、下顎が小さい、指しゃぶりや舌で上の
前歯を押しているなどの不良習癖が原因とされています。

上顎前突

□ 下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突とは、下顎が上顎よりも前に出すぎている
状態の歯並びのことを言います。
遺伝的要因や、舌で下の前歯を押す癖があるなどが
原因とされています。

下顎前突

□ 開咬(かいこう)

開咬とは、奥歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わず、
すいてしまっている歯並びのことを言います。
主に幼少期の指しゃぶりによって、
指で上の前歯が前に押し出され、下の前歯は内側に
傾いてしまうことが原因とされています。

下顎前突

2、不正咬合をそのままにしておくと・・・

□ 虫歯や歯周病になりやすくなる

丁寧にブラッシングを行っていても歯が重なっていたり、でこぼこしていると、どうしても磨き残しが出てしまいます。
その結果、食べかすや汚れが残ったままになり、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。

□ しっかりとものが噛めない

歯並びやかみ合わせが悪いと、食べ物をしっかり咀嚼(そしゃく)できないために、よく噛まずに飲み込んだり丸飲みしてしまうことがあります。
場合によっては、消化不良や栄養吸収不足など全身に影響することもあります。

□ 見た目が気になる

歯並びや口元がコンプレックスとなり、大きな口を開けて笑ったり、会話や食事中に他人の仕草や視線が気になって、上手くコミュニケーションが取れず、そのことがストレスになってしまうことがあります。

□ 顔立ちに影響することがある

顎の骨や顔の筋肉は、しっかりきちんと噛むことで 発達すると言われています。
様々な不正咬合が原因でしっかり噛めなかったり、片方噛みを長年続けていると、顎が十分発達しなかったり顔立ちが歪んでしまうことがあります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-798-060 お電話:0798-34-5060

PAGETOP
© 2017 Yasuda Dental Clinic. All rights reserved.