ホワイトニング・口臭外来・訪問歯科診療 安田歯科は西宮市で30年愛される歯科医院です。

デンタルフロス

  • HOME »
  • デンタルフロス

デンタルフロス

デンタルフロスってなに??

dental floss

虫歯も歯周病も、プラークが原因で起こります。特に磨き残しになりやすい箇所として、「歯と歯の隙間」が挙げられ、虫歯の主な発生源となっています。これは歯ブラシだけの清掃では、歯と歯の隙間の汚れは落としきれないことが原因です。

虫歯や歯周病、口臭などのトラブルを防ぎ、口の中を清潔に保つには、歯ブラシを使ったブラッシングに加えて、デンタルフロスを通す習慣をつけることが重要です。

歯間ブラシとどう違う?どっちをつかったら良い?

デンタルフロスも歯間ブラシも、歯と歯の隙間に溜まった汚れを除去するアイテムです。使い方も異なりますが、大きく違うのは清掃用具のサイズです。デンタルフロスは細い糸状ですが、歯間ブラシは太さがあります。メーカーなどによって異なりますが、3S~Lサイズまで幅広く展開しています。

歯間ブラシが通りにくい場合にはデンタルフロスが、逆にデンタルフロスがゆるい場合には歯間ブラシが適してる場合があり、特に歯間ブラシは正しく使うことが大切です。無理に通してしまうと、歯肉や歯を傷つける原因になるため注意が必要です。自分に合ったサイズ選びが必要です。

デンタルフロスの選び方

デンタルフロスにも種類があり、持ち手(ハンドル・ホルダー)が付いたものと糸巻きタイプのものがあります。デンタルフロスの種類の違いで、使いやすさや使える部位(使いやすい部位)に違いがあると言えるでしょう。自分に合ったものを選ぶことが大切です。

◎ワックス加工があるもの・ないもの

デンタルフロスには、ワックス加工が施されているものと、そうでないものがあります。
ワックス加工がされていることで、滑りが良くなり、歯と歯の隙間に通しやすくなるというメリットがあります。そのため、歯と歯の隙間が狭い人は、通しやすいワックスタイプがおすすめです。
また、ワックス加工がされていないノーワックスタイプは、比較的プラーク除去効果が高いとされています。 フロッシングを習慣付けることも大切なので、デンタルフロス選びにおいて、使いやすさも重要なポイントでしょう。

 

デンタルフロスの使い方(糸巻きタイプ)

(1)デンタルフロスを30~40センチでカットします。
(2)両サイドを両手の中指に巻きつけ、中指と中指の間が15センチ程度になるようにします。
(3)2センチ程度の間隔を作るようにして、両手の親指と人差し指でフロスを持ちます。
(4)フロスを歯と歯の隙間に通します。この時、力を入れすぎると、歯肉を傷つけてしまうため注意して下さい。
(5)歯の側面に沿わせるようにして、上下に動かしながらプラークをこすり落とします。この時、前後に糸を動かしながら上下に動かしていきます。
(6)隣り合う両方の歯の側面を行ったら、片方の手に巻きつけた糸を外して、静かに糸を抜き取ります。

1~6を行ったら、フロスの使った箇所をずらして、他の歯と歯の隙間も行いましょう。清掃が終わったら、しっかり口の中をゆすぎます。慣れるまでは、鏡を見て確認しながら行うことをおすすめします。

 

デンタルフロス使用の頻度・タイミング

デンタルフロスは、歯磨きを行った後に使用します。歯ブラシで落とし切れなかったプラークを、デンタルフロスで除去するのです。
しかし、歯磨きするたびにフロッシングを行う必要はないでしょう。1日1回の頻度で取り入れれば良いです。夜眠っている間は、口の中に細菌が増えやすい時間帯ですから、就寝前の歯磨きの際にフロッシングを取り入れると効果的でしょう。

フロスが切れてしまう場合は、歯と歯の隙間に虫歯ができていたり、歯石が付着していたりする可能性があります。引っかかりやすい場合も同様です。
歯と歯の隙間の虫歯は目視で確認しにくいため、発見が遅れやすく進行しやすいため 「フロスが切れやすい」「フロスがよく引っかかる」という場合には、早めに歯科医師に相談することをおすすめします

歯ぐきに炎症がある場合などは使用始めの頃は出血することがあります。但し、出血が続いたり痛みがあるようでしたら歯科医院へご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-798-060 お電話:0798-34-5060

PAGETOP
© 2017 Yasuda Dental Clinic. All rights reserved.